About Total

トータルのご利用が
初めてのお客様へ

手数料一切無料で、業界最高買取価格!
お客様に合った買取の追求とは?

About Total

営業エリア拡大中!
あなたの街にもトータル

買取査定の営業所一覧です。担当スタッフ
やエリアはこちらよりご確認ください。

About Total

営業エリア拡大中!
あなたの街にもトータル

買取査定の営業所一覧です。担当スタッフ
やエリアはこちらよりご確認ください。

メニュー&強化買取アイテム

買取強化品目

トータルの査定コラム

トータルの査定コラム

COLUMN

買取のことをもっと詳しく知れるお得な知恵をお届け!

ピアノを売る際のトラブルと注意点とは?安心買取のコツを紹介

家具雑貨
ピアノを売る際のトラブルと注意点とは?安心買取のコツを紹介

「不要になったピアノを売りたい」

「ピアノを売りたいけどどこに売ればいいか分からない」

「ピアノの買取でトラブルになりたくない」

このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

ピアノの買取や査定は、今や電話やインターネットなどですぐに依頼できます。

しかし、ピアノの買取はトラブルに巻き込まれることが多いのです。

悪徳業者やトラブル回避のためにも知っておきたいポイントや注意点を徹底解説します。

「引っ越し」や「もう使わなくなった」などピアノを不要になる理由は様々ですが、家にそのまま置いておくのはもったいないのでぜひ買取に出しましょう。

これからピアノを買取に出す予定のある人はぜひ参考にしてみてください。

目次 非表示

ピアノの査定ポイント

ピアノを査定されるポイントについて解説します。中古で買い取られるピアノはどこにポイントがあるのかをおさえておきましょう。

ピアノの種類

ピアノの中にも種類があります。大きく分けて「アップライトピアノ」と「グランドピアノ」の2つです。

アップライトピアノは主に家庭用に使われているピアノで、多くは練習用に使われています。価格もグランドピアノに比べて安く販売されています。

グランドピアノはコンサートや発表会などで使われており、大型のピアノです。

中古のピアノでもやはり、グランドピアノの方が高く買い取られることが多いです。しかし、アップライトピアノも家庭向けに作られているので需要は高いです。

国産ピアノか外国産ピアノか

ピアノは世界中で使われており、メーカーもたくさんあります。

中でも人気なのが、国産メーカーのピアノです。なぜなら、日本は湿気が多い気候で、それに合わせて作られているのが国産メーカーだからです。

ピアノは木でできており、高温多湿の状態で置いておくと亀裂が入ったりカビが発生します。そのため、国産メーカーのピアノの方が中古でも需要が高いです。

ピアノの保存状態を良くすることで高価買取も期待できるでしょう。

ピアノを売る際のトラブル事例

ピアノを売る際のトラブル事例

さっそくですが、ピアノを売る際のトラブル事例を見ていきましょう。

よくあるトラブルを事前に知っておくことでトラブルの回避やリスクを確実に抑えることができます。

今回紹介する代表的なトラブルは5つです。

ピアノ売却時のトラブル事例①
ネットの査定金額と実際の買取金額が違った

ネットや電話で問い合わせた時の査定価格は高かったのに、引き取り時の実際の買取金額が下げられてしまうケースがあります。

どうしてもインターネットや電話だけでは細部まで詳細を伝えることができず、実際査定される時に、状態が思ったより悪ければ査定価格を下げられてしまいます。

小さな傷であれば大幅に減額されることはないので、その際に大きく査定価格を下げられた場合は騙されている可能性があると思っておく方が良いかもしれません。

事前にピアノの状態を正確に伝えることで大幅に減額されることも少なくなってきます。

ピアノ売却時のトラブル事例②
ピアノを無料で買い取ろうとした

価値のあるピアノなのに無料で買い取る業者も存在します。

ピアノを売ったことのある人は少ないと思います。そのためピアノの買取相場を知らないことも多く、それを狙って買取業者が無料で引き取るケースです。

特に、高齢者はインターネットなどで普段調べる習慣が少ないので対象にされがちです。

ピアノを売り出す前に買取相場を調べた上で、詐欺やトラブルに遭わないようにしましょう。普段インターネットを使わない世代がいたら代わりに調べてあげるなど対策を取ることをおすすめします。

ピアノ売却時のトラブル事例③
出張費がかかると知らず請求された

ピアノの買取を依頼したときに、出張費がかかると知らず、引き取り当日に出張費を請求されたケースがあります。

業者によっては、出張費がかかる場合とかからない場合があります。本来であれば出張費がかかる旨を記載するべきですが、元からかかる前提として記載してないということも知っておくと良いです。

トラブルを回避するためにも、事前にホームページや電話などで出張費がかかるかどうか確認をとってから依頼しましょう。

ピアノ売却時のトラブル事例④
キャンセル費用を請求された

ピアノをの買取をキャンセルしたらキャンセル費用を請求されたトラブルです。

買取金額に納得がいかず、キャンセルをお願いした場合やピアノをやっぱり残しておくことにしたという場合で、キャンセルすることもあるでしょう。

その際に、キャンセル料がかかると知らずトラブルになるのです。

ピアノを引き取りは、トラックを用意したりなど移動費や人件費がかかります。そのため、キャンセル料を設けている業者が多いです。

まずは、キャンセル費用がかかるのかやかかる場合どのくらいキャンセル料が発生するのか確認をとりましょう。

ピアノ売却時のトラブル事例⑤
運搬時に壁や床を傷つけてしまった

ピアノは大きいものが多く、運搬も大変です。特にグランドピアノともなると、大きさはもちろん、重量もかなりあります。

所有者自身で運搬する際や業者に依頼した場合でも多いのが、ピアノを運んでいる時に床や壁を傷つけてしまうことです。

また、買取査定前にピアノ自体を傷つけてしまったり、最悪破損してしまった場合、買取価格が大幅に下がってしまうことにも繋がりかねません。

運搬時の家屋の破損は時に、ピアノの買取金額よりも高くなってしまう場合があります。そのため、ピアノなどの大きい品物に関しては出張買取サービスを利用されることをおすすめします。

特に、運搬時の補償がしっかりとされている出張買取業者がおすすめです。

ピアノ買取にトラブルを避けるための3つの注意点

ピアノ買取にトラブルを避けるための3つの注意点

ピアノの買取時にトラブルがあることが分かった上で、トラブルを避けるための注意点を解説します。

注意点を知っておくことで、トラブルに巻き込まれる確率は大幅に減少すると思いますので、3つの注意点を把握しておきましょう。

買取時の注意点①
HPなどで会社情報を確認する

悪徳業者に依頼してしまわないようにHPなどで会社情報を確認しましょう。

細かいところまでチェックをする必要はございません。会社概要ページから所在地・代表者名・資本金など最低限チェックしましょう。

その際に手数料関連や、補償内容もチェックすることをお勧めします。

これらを確認しておくだけでもトラブルに巻き込まれる可能性は減少します。

会社情報を公開していない場合、怪しい買取業者の可能性が高いです。HPで会社概要が分からなかった場合は、依頼しない方が良いでしょう。

買取時の注意点②
査定時の対応を確認する

買取を依頼した際の対応をチェックしておいた方が良いでしょう。依頼者に対して対応が悪い業者は避けるべきだと言えます。

例えば、自宅まで来た査定員の接客態度や電話した時のオペレーターの接し方を確認しておきましょう。

依頼者に対して適当な対応をしている場合は、悪質業者である可能性が高いです。その際は、違う業者に依頼することが無難です。

買取時の注意点③
口コミやレビューを鵜吞みにしない

今や会社の口コミなどインターネットで簡単に見ることができます。

会社の情報を得るために口コミやレビューを利用することは悪いことではなく、むしろ判断材料になり良いことがあります。

しかし、信用しすぎてはいけません。良いレビューだけを掲載していることもあり、操作されている可能性もあります。

ネットの情報を鵜吞みにせず、実際に会って相談したり、電話やメールで対応してくれたスタッフの対応をみて判断するようにしましょう。

HPの口コミだけで依頼することはあまりおすすめしません。

ピアノを安心買取するコツ4つ紹介

ピアノ買取時の注意点が分かったところで、安心して買取するための4つのコツを紹介します。

買取を依頼する時に知っておいた方が役に立つこともあるので、ぜひ参考にしてみてください。

ピアノ安心買取のコツ①
ピアノの買取相場を知っておく

ピアノの買取相場は、製造番号や機種でだいたいの金額が把握できます。

買取相場をあらかじめ知っておくことで、業者に依頼するときに査定された買取金額が合っているかどうか判断できるので安心して買取依頼できるでしょう。

インターネット上の価格はあくまでほぼ完璧な状態、かつ付属品も全てが揃っている状態の買取価格です。買取金額は査定士によっても変わってきますので参考程度ということも意識しておくべきです。

ただし、買取相場を知っておかないと、悪徳業者にあまりに低く査定金額を付けられても気が付かないこともあるので、安心して買取できるよう事前に調べておくことがおすすめです。

ピアノ安心買取のコツ②
査定金額と買取金額に差がないか

査定金額と買取金額に差があまりないか確認することも重要です。

査定金額は製造年製造番号などによってだいたい決まります。お手元にあるピアノの状態によって買取金額の増減が発生することもあります。実際に数万円単位で差が出ることもあります。

実際に買い取られる金額に大きな差がないか事前に査定金額を調べておいた方が良いでしょう。

ピアノ安心買取のコツ③
古物商許可の有無を調べる

古物商許可とは、個人・法人が中古の物を売買する業務を警察が認めるものです。申請において、身分証明書、契約書などの書類の提出が必要です。

なので、古物商許可があるかどうかを確認するだけで、怪しい業者かどうか判断することができます。

買取業者のHPなどで確認し、古物商許可の有無を調べましょう。

ピアノ安心買取のコツ④
スムーズな取引か

査定の依頼〜買取金額を受けとるまでの流れがスムーズかどうかは大事になります。

売れた金額がいつのタイミングで振り込まれるかなど公式サイトに記載してあることが多いので安心して取引したい人は確認しておきましょう。わからなければ電話で聞くこともおすすめです。

取引するスピードが遅かったり、長すぎたりすると不安になることもあると思います。安心してスムーズに取引できるよう一度問い合わせることも良いでしょう。

ピアノを高価買取してもらうには?

せっかく売りに出すので、ピアノ買取の際には1円でも高く査定してもらいたいですよね。

高価買取してもらうためにも日頃からピアノを丁寧に扱うことが大事になります。査定時の印象を良くすることで、実際に事前査定よりも高くなることもあるのです。

ここではピアノを高価買取のポイントを紹介します。買取に出す前に一度確認しておきましょう。

ピアノを高く売るコツ①
ピアノを綺麗な状態を保つ

ピアノを綺麗な状態に保ちましょう。外観の状態は査定額に大きく影響します。

ピアノは湿気に弱い楽器です。使用していなくても置いているだけで弦がゆるみ錆やカビも発生します。また、ホコリも隙間などに入って劣化の原因になります。

手入れをする際は、ピアノを傷つけないように優しく丁寧に掃除をしてください。水拭きした場合は、必ず乾いたタオルなどで乾拭きを忘れないようにしましょう。せっかく掃除したにもかかわらず、湿気で状態が悪くなってしまいます。

忘れがちなペダルも手入れをしておきましょう。ペダルは意外と錆や汚れがあります。

ピアノを綺麗な状態に保つためにカバーをかけて対策したり、定期的に掃除をしましょう。

ピアノを高く売るコツ②
ピアノの付属品をそろえる

ピアノ本体だけでなく付属品を揃えて出した方が高価買取が期待できます。

購入時に一緒に付いていた椅子や補助ペダルピアノにかけるカバーが残っていれば一緒に出しましょう。

付属品単体だけでは買い取ってもらえにことも多いですが、ピアノ本体とセットで買取に出すと査定してもらえます。

付属品はできるだけ保管しておくことで高価買取が狙えるでしょう。

ピアノを高く売るコツ③
フリマなどではなく買取業者に依頼する

フリマやオークションでも売ることは可能です。

しかし、ピアノ買取でトラブルを防ぐためにもフリマやオークションは控えた方が良いでしょう。

オークションでは落札額を決めたり、運搬を自分で手配したり、送料の計算など多くのことを個人でやり取りするため手間もかかります。

買取業者に依頼した方がスムーズに進み、トラブルになることも少ないです。

トラブルに巻き込まれないようにピアノを売りましょう

いかがでしたでしょうか。今回は、ピアノの買取の際によくあるトラブルやトラブルに遭わないようにするための注意点を紹介しました。

悪徳業者に依頼してしまわないためにも、自分で買取相場など知識を入れておく必要があります。

ピアノの買取は時には大きな買取金額になることもあります。ピアノ買取に関する知識を入れずに業者に依頼して買取額を減額されないように注意しましょう。

両者が気持ちよくスムーズな取引ができることがベストです。

トラブルに巻き込まれないようにピアノを売りましょう。

ご相談だけでも大歓迎です

電話で買取価格を調べる

0120-005-319 営業時間/9:00〜18:00 年中無休
【公式】ブランド品から日用品まで無料出張買取|なんでも査定のトータル

まずはお気軽にお問い合わせください

営業時間/9:00〜18:00 年中無休

LINEで問合せ

【公式】ブランド品から日用品まで無料出張買取|なんでも査定のトータルへ戻る