About Total

トータルのご利用が
初めてのお客様へ

手数料一切無料で、業界最高買取価格!
お客様に合った買取の追求とは?

About Total

営業エリア拡大中!
あなたの街にもトータル

買取査定の営業所一覧です。担当スタッフ
やエリアはこちらよりご確認ください。

About Total

営業エリア拡大中!
あなたの街にもトータル

買取査定の営業所一覧です。担当スタッフ
やエリアはこちらよりご確認ください。

メニュー&強化買取アイテム

買取強化品目

トータルの査定コラム

トータルの査定コラム

COLUMN

買取のことをもっと詳しく知れるお得な知恵をお届け!

汚部屋の片付けのコツは?簡単3ステップ掃除術とキープのコツ

住まい、暮らし
汚部屋の片付けのコツは?簡単3ステップ掃除術とキープのコツ

「汚部屋を片付けたいけどどこから掃除したらいいかわからない」

「汚部屋をどうにかして片付けたい…」

ものが多すぎて散らかった汚部屋。どう片付けたらいいか分からずお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

片付けようとは思っているけど、いつのまにかものが増えているということもあるでしょう。

周りには相談しにくく、結果的にそのまま放置していまい汚部屋になってしまうのです。

そこでこの記事では、汚部屋の簡単掃除術と綺麗な部屋をキープするコツを紹介します。

なかなか汚部屋を片付けられず、困っている方はぜひ参考にしてみてください。

これを読めば快適な部屋で気持ちよく過ごすことができます。

なぜ汚部屋になってしまうのか?

なぜ汚部屋になってしまうのか?

汚部屋は本人が気づかないうちにできてしまいます。いつのまにか歩くところもなくなり、そのままの状態だと害虫も発生しやすくなります。

汚部屋になりやすい人の特徴を以下にまとめました。

  • 捨てることが苦手で物が多い
  • 仕事などが忙しく掃除をする時間ができない
  • 掃除することが苦手
  • そもそも汚部屋だと思っていない

このような特徴に当てはまる人は汚部屋になりやすい傾向があります。

性格上、掃除が面倒くさいので汚部屋になることもありますが、病気や精神病の部分が原因である可能性もあります。

病気や精神病の場合はすぐには片付けられるようになることは難しいです。徐々に改善する必要があるでしょう。

掃除が面倒くさいときや掃除をする時間がない場合は、意識を変えることで片づけを始められます。

汚部屋に対する意識がないので、知らない間にものが溢れかえって汚部屋になっているのです。

汚部屋にはデメリットがある

汚部屋になると同居人や家族にも大きなストレスがかかります。

汚部屋の代表的なデメリットは次の通りです。

  • ものを見つけるのに時間がかかる
  • 引っ越しの際にものが多く、費用もかさばる
  • 虫が発生しやすく匂いも漂う
  • イライラしやすくなる

このように汚部屋は多くのデメリットが存在します。

例えば、引っ越しをする際に荷物が多いと大きなトラックや従業員も増やさなければならないので費用が増します。さらに、賃貸の場合は出ていく際に部屋が汚れていると修理費等の費用も発生することも。

汚部屋はあらゆる方面でデメリットを生んでしまうので、部屋を綺麗にすることで負担も減ります。

部屋を綺麗にするための簡単ステップを次に紹介していますので、ぜひ実践してみてください。

汚部屋を片付ける簡単3ステップ掃除術

汚部屋を片付ける簡単3ステップ掃除術

ものが散乱した汚部屋を片付けようと思っても、実際には面倒くさいですよね。どこから手を付けていいか分からず、頭を悩ませてしまいます。

適当に片付け始めても思ったより時間がかかったり、綺麗にならなかったりします。

片付ける手順を知ることで効率よく片付けることができるでしょう。

そこで今回紹介する簡単3ステップで部屋が綺麗になります!

さっそく見ていきましょう。

片付け簡単ステップ①
明らかにゴミとなるものを先にまとめる

汚部屋を片付ける時に最初にやることは、明らかにゴミとなるものを先にまとめましょう。

汚部屋は収納スペースに対してものが多く、たくさんの不要なものが散乱しています。

特に多い品目は以下です。

  • 食べた後の袋や容器
  • ペットボトル、空き缶
  • 雑誌
  • 洋服

これらのものはゴミになることが多いです。特に洋服は脱いだものをそのまま放置することで汚部屋になりやすいです。明らかに着ていない服は処分しましょう。

目に見える範囲で構わないので、ゴミとなるものを一つにまとめてください。この作業を行うだけでも床が見えてくる可能性があります。

片付け簡単ステップ②
残すものと捨てるものを分ける

明らかなゴミをまとめたら、次のステップで残すものと捨てるものを分けましょう。

「いつか使うかもしれない」とものを捨てることが苦手な人も多いかと思います。ですが、一年以上使っていないものはこれからも使う可能性は低いです。

重要なものや思い出に残っている大切なものは残しても構いません。

自分の中で「これは残すもの・捨てるもの」の線引きをしてから処分していきましょう。

使ってないものを捨てることで部屋はかなり綺麗な状態になります。

残すか捨てるか判断できず迷ってしまうものはとりあえず保留袋などに入れておいてください。時間が経って使っていなかった場合、処分することをおすすめします。

これを機に断捨離を行いましょう。

片付け簡単ステップ③
必要なものを整理整頓する

最後に、部屋に残った必要なものを整理整頓しましょう。ものを収納棚にしまったり、洋服は畳んで収納します。

使う頻度に応じて収納場所を決めると、次に使うときに出しやすくなります。

収納に入りきらなかったものは処分するか新たに収納ケースを買いましょう。そのままにしてしまうと散らかる原因になります。

できるだけ収納ケースに収まるように整理整頓することをおすすめします。

このように簡単3ステップで汚部屋を綺麗な状態にすることができます。効率よく掃除することで部屋は簡単に片付くことができるでしょう。

部屋を綺麗な状態をキープするコツ5つ紹介

部屋を綺麗な状態をキープするコツ5つ紹介

汚部屋が綺麗になると気分もスッキリします。

しかし、油断をしてしまうとすぐにものが散乱してしまい、汚部屋に戻る可能性があります。これでは、時間や労力の無駄使いです。

汚部屋にならないためにも綺麗な状態をキープすることはとても重要になってきます。

綺麗な状態をキープするコツを知っておきましょう。

キープのコツ①
ゴミ出しを習慣付ける

汚部屋になってしまう原因の一つはゴミを出さないことです。

綺麗な状態をキープするにはゴミ出しの習慣を付けましょう。

生活していると必ずゴミはでてきます。そのまま放置すると汚部屋に逆戻りです。

出かける時でもいいのでゴミ出しする習慣を癖付けましょう。

ゴミ出しの習慣を付けることで不要なものが部屋に溜らないようになります。

キープのコツ②
床が見える状態を保つ

床にものを置かないようにしましょう。一つものを置いてしまうと知らない間に床にものが散らかっている状態になってしまいます。

ものを整理することが苦手な人は、床にものを置いてしまう癖があります。特に、洋服を脱ぎっぱなしで床に置かないように注意しましょう。

収納場所に直す習慣を付けることが大切になります。

常に床が見える状態を保つことで汚部屋にはなる可能性は低いです。

キープのコツ③
ものを増やさない

部屋を綺麗な状態をキープするのにはものを増やさないことが大切です。

片付ける習慣がついても、ものが増えると部屋がもので溢れかえるようになってしまいます。そうならないためにも、部屋にあるものは一定の量を保つことがベストです。

新しくものを買うときは、それは本当に必要なのかと買う前に一度考えてから購入しましょう。もしくは、不必要になるものを捨ててから新しく買うことをおすすめします。

ものの量を一定に保つことは部屋を綺麗に保つことにも繋がります。

キープのコツ④
ものを買うときは収納場所があるか考える

新しくものを買うときは部屋に収納場所があるか考えてから購入するようにしましょう。

収納場所がないのに買ってしまうと、ものが増えてしまい床に置いてしまうことがあります。必要なものを買うときは、収納スペースを増やすか収納されているけど使っていないものを捨ててから買うことをおすすめします。

ものを買うときは収納場所があるかを基準にして判断しましょう。

キープのコツ⑤
掃除する日を決めておく

定期的に部屋の掃除を行うことが大切です。綺麗な状態をキープするには掃除は欠かせません。

「少しものが溜まってきたから掃除をしよう」ではなく、あらかじめ掃除をする日にちを決めて実行するようにしましょう。

掃除をする時間を確保することで、部屋が綺麗な状態をキープできます。自分にあったスタイルで定期的に掃除をしていきましょう。

キープのコツ⑥
ものを出したらしまう癖をつける

汚部屋になってしまう人はものをそのまま放置することが多いです。

せっかく綺麗にした部屋なので、ものを出したらしまう癖をつけましょう。

例えば、洋服はクローゼットに。ゴミはゴミ箱に。本や雑誌は本棚に。

所定の位置にものを戻すことで部屋の中は常にスッキリとした状態を保つことができます。

「ものは出したらしまう」を徹底しましょう。

定位置にものを置くことで探し物を探す時間も減り、一石二鳥です。

最初は意識してものをしまう癖を付けましょう。毎日続けることで必ず習慣化します。

部屋を片付けると3つのメリットがある

部屋を片付けることで気分も良くなりスッキリとします。

汚部屋を片付けることができなければ、メリットを知ることで片付けようとする行動につながるかもしれません。

汚部屋に片付けることで多くのメリットを得ることができます。今回は3つのメリットを紹介します。

部屋を片付けるメリット①
衛生状態が良くなる

ホコリや生ごみが放置されている汚部屋は衛生状態が悪いです。ベランダにもゴミが溢れている場合など悪臭が漂うこともあります。

部屋の片づけをすることで、足の踏み場も出てくるのでものを踏まずに部屋を移動することができます。

部屋の通気性が良くなり環境が改善されるでしょう。

部屋を片付けるメリット②
健康被害が少なくなる

汚部屋を片付けることで健康被害が改善します。

汚部屋には害虫が潜んでいたり、ハウスダストが溜まることが多く、くしゃみやアレルギー症状を招くこともあります。

部屋を綺麗にすることで健康状態が良くなり、ストレスも減るでしょう。

一年中体調が優れなかった人が、部屋を片付けることで体調が改善されることがあります。部屋を片付けることで空気も循環し、快適な毎日を過ごすことができるようになるでしょう。

部屋を片付けるメリット③
無駄な買い物が減る

部屋を片付けると自然とものも少なくなります。スッキリとした状態を維持しようとするので、ものを増やさないように無駄な買い物が減ってくるでしょう。

無駄な買い物をしなくなるのでお金の節約にも繋がります。必要なものがどこにあるかすぐに分かるようになるので、同じものを何回も買う必要もありません。

このように部屋を片付けることで多くのメリットが得られるため、様々な方向に良い影響を与えることができるでしょう。毎日を快適に過ごすためにも部屋を片付けてみてはどうでしょうか。

汚部屋を片付けて綺麗な部屋をキープしよう!

汚部屋になるとものが多く、片付けることが面倒になることも出てきます。少しでも早く片付ける行動をするのがおすすめです。

ものが多く散らかってる汚部屋を片付けるのには、あらかじめ片付けるポイントを押さえることが大切です。

この記事で紹介した方法で片付けていくと、快適でスッキリとした部屋を取り戻せます。

片付けるメリットもあるので掃除に取り掛かってみましょう。

片付けや掃除をしても綺麗にならなかった場合は業者に頼むことも一つの手です。

これから汚部屋を片付けようとしている人はぜひ参考にしてみてください。

ご相談だけでも大歓迎です

電話で買取価格を調べる

0120-005-319 営業時間/9:00〜18:00 年中無休
【公式】ブランド品から日用品まで無料出張買取|なんでも査定のトータル

まずはお気軽にお問い合わせください

営業時間/9:00〜18:00 年中無休

LINEで問合せ

【公式】ブランド品から日用品まで無料出張買取|なんでも査定のトータルへ戻る